キャバクラとは

キャバクラとは

キャバクラとはキャバクラ嬢と呼ばれる女性が客席に付き接待を行う飲食店で、料金は時間によって決まり、滞在時間が長ければ長いほど料金が高くつく。常時接待を行う風俗営業のことで、区分としては飲食店だ。 語源はフランス語由来の「キャバレー」(cabaret)と、英語由来の「クラブ」(club)を合成したキャバレークラブを略してキャバクラと称した、和製英語ならぬ和製外来語だ。起こりは1980年ごろであり、風営法が改正された事による新しい業態として登場した。

これまでのキャバレーより小規模な店舗面積で多くの店舗が誕生した。店舗数の飽和が見られた1990年代後半以降は都市部の繁華街以外にも郊外への出店も見られている。また、業界の成熟により、新しい分野への進出も始まっており、ネット上で行うネットキャバクラという業種も生まれた。これは、インターネット上のスカイプやライブチャットなどの映像付き音声通話を利用したサービスで、いわゆるおさわり行為のないキャバクラの特色を生かしたものと言える。

基本的に、男性客を女性従業員が接待するのだが、その際には「笑顔での対応」「良い気分にさせながらお酒を飲んでいただく」といったことがサービスの内容で、女性従業員には感情労働が求められる。感情労働とは、肉体労働や頭脳労働と合わせて、感情の抑制やマヒ、緊張、忍耐などが必要とされる労働を意味する。キャバクラ嬢だけでなく、サービス業全般がこれに当たるのだが、特にキャバクラ嬢は過酷と言える。

[特集]
時給4,000円以上など高収入が望めるキャバクラの求人情報を検索出来るサイトです・・・キャバクラ 求人情報

Copyright © 2014 キャバクラとは All Rights Reserved.